🇯🇵 Aragonユーザー向けドキュメント
Search
K
Links

TAO投票

TAOは現在提案中で、デモは秋にトークン保有者による投票にかけられる予定です。

発足初期...

当初、Aragonは創業者のルイス・クエンデとホルヘ・イスキエルドによって一元的に管理されていました。 何千時間ものスウェットエクイティによるリーダーシップで、彼らは「ウォーターフォール方式」のガバナンスでリーダーシップの中心的なビジョンを実現する従業員に直接仕事を委ねていました。
時間が経つにつれ、Aragonはトークン所有者が組織の意思決定に投票できるようにするトークン投票戦略に移行しました。 トークン保有者は、50トークン=50票、500トークン=500票といった加重式の民主主義方式(英語のみ)で票を投じました。 この方法は、新しいアイデアがエコシステムに取り込まれるユニークな機会を促進しましたが、実際のところ、最大のジレンマの1つはエンゲージメントでした。おそらく、ガバナンスのパイオニアであるニコラ・ド・コンドルセによって200年以上前に取り上げられた「投票のパラドックス(英語のみ)」の進化版でしょう。Aragon(そして他の多くのDAO)は、ほとんどの人は、この投票をわざわざ考えて投票する価値が無いものと捉えていることを再発見したのです。

Aragonの資金の譲渡...

細かいことを言うと、2022年5月にAragonはAragonプロジェクトの資金を$ANTで管理されたAragon DAOに譲渡する(英語のみ)ことを決議しました。この決定には、数億ドルをあるガバナンスシステムからイーサリアム上の別システムに移動させることが含まれています。どのように考えてもこれは「一大事」であり、現在利用可能な一連のブロックチェーンツールがなければ決して実現できなかったであろうガバナンスプロセスを目撃し、参加できる素晴らしい機会です。しかし、13,000のトークン保有ウォレット(英語のみ)のうち、投票したのはわずか46で、発行されたトークン総数の4%未満に相当します。 業界では、この状況はしばしば「理想的ではない」と言われます。
エンゲージメントを高めようと努力しているのは、私たちだけではありません。多くのDAOにおいて、投票の投票率は1-3%台が普通で、5-10%のエンゲージメントを得ることはほとんど前例がありません。 デジタル投票の利点の一つは、従来の紙とペンの投票では真剣に検討することができなかった新しいアプローチを模索することができるという点です。
リキッドデモクラシー(英語のみ)はそのようなシステムの一つで、ユーザーが自分の投票権を一時的に他のユーザーに委任することでエンゲージメントを高め、さらに権限を委任された人がそれをもとに行動するよう動機付け、あるいは強制することで、パラドックスを解消しようと、ドイツ海賊党などのグループが過去20年間に進めてきたものです。
下の画像は、何重もの委任が行われた民主的な投票の例です。 例えば、二人の有権者が自分の票を第三の有権者に委任し、その有権者が自分の管理下にある三票すべてをさらに別の委任者に委任して、最終的にその委任者がある決定や候補者に投票することになります。
民主的な委任投票の例
2021年、Token Engineering Commonsチーム(英語のみ)は、Conviction Voting(Aragonのような全デジタル投票ツールを活用した実験的メカニズム)の作業をサポートする設定用ダッシュボード(英語のみ)をリリースしました。 また、一連の「Param Party」を主催し、コミュニティのトークンローンチに繋げました。
分散型ガバナンスを前進させるための出資の投票(72kドルの分散型ガバナンス(dGov)への出資に関する提案 :2022年5月1日〜8月31日(英語のみ))に基づき、dGovチームは、Blossom labs, General Magicと協力して、彼らがTECommonsに提供したものと同様の製品とプロセスをAragonコミュニティのために、導入することを決定するなど、さまざまな取り組みを実施しました。資金調達と監視は、エグゼクティブサブDAOによって行われ、コミュニケーションと予算に関する記録はフォーラムで行われました(英語のみ)
Tao投票(英語のみ)は、Token Engineering Commons(英語のみ)が開発したリキッドデモクラシーのバリエーションで、パラメータが以下のように限定されています。
いくつかのパラメータが表示されたダッシュボード(下の画像)を使って、私たちは委任プロセスに関連するメリットとリスクについての議論にコミュニティを参加させるつもりです。 このダッシュボードは、各パラメータに関する議論にリンクしており、今後、私たちのDAOのガバナンス構造を形成するのに役立ちます。
パラメータを表示したダッシュボード
これらのパラメータは、リキッドデモクラシーの可能性を完全に網羅するものではありませんが、チャンスやリスク、成功や失敗を模索するための出発点となるものです。 私たちは、これらのアイデアに光を当て、この進行中の研究を続けていくために、皆様が協力してくださることを楽しみにしています。
このテーマに関する素晴らしい記事は何百とありますが、ここではそのいくつかをご紹介します。
ご質問はありますか?Aragonフォーラムであなたの考えをお聞かせください👇